WEBライターと収入の話 仕事は「1文字いくら」の出来高制

皆さん こんにちわ、四門(よつかど)シモンです。

某ネットショップの雇われライターとして、文章を書く仕事をしています。
WEBショップで扱うアンティーク商品を紹介する文章を考える仕事です。

こういった仕事は在宅勤務となりますので、基本的に時給ではなく出来高制となるワケです。
1文字いくら、1記事いくら、何十記事でいくら、というふうに単価が決まっている場合が多いと思います。

私は1文字2円強ですから1万文字書いて2万円強の収入となります。そこから税金を抜いた金額が振り込まれます。(この税金は確定申告すれば少し戻ってきます)

この仕事が高いのか安いのか私にはわかりませんが、プロのライターなら1文字5円以上、誰にでも書ける素人文章なら0.5円以下の仕事もザラ、という世界のようですよ。

WEBライターの仕事は出来高制

たとえばライティングで単価が安い0.5円の仕事だとしても、1時間に1000円分の仕事ができるなら時給で言えば1000円。1文字5円だとしても専門分野で何度も書き直しが必要になれば時給500円にもならないこともあるでしょう。
固定客がいない、単発で仕事をもらっているフリーライターなら仕事を常に確保しなければいけない。
特に最近ではランサーズなどに登録して仕事をもらうノウハウをネットで見かけることも多くなりましたが、そもそも文章を書きなれない方が参入しようとするには厳しいジャンルの仕事なんですね。

もちろんパソコンが早く打てない方は論外です。

まぁ、そういったわけで「1記事いくら」という単価が決まっている以上、できるだけ短い時間でたくさんの仕事を仕上げないと「時給」が上がらないのが私の仕事です。

ところが、会社から依頼される仕事の資料や原稿のデーターに不備があると、その確認作業と場合によっては文章の書き直し作業に追われてしまうことも多い。

これが時給制だったら、確認作業・書き直し作業ともに給料が発生しますが、出来高制では給料が出ない、請求できない。
よって、ただ働きとなります。

しばしば、このような不手際の多い仕事を依頼されると困るんですよ。請求書に書きづらいじゃないか。

資料等の不備を確認したり修正してもお金をもらえない以上、仕事の資料やデーターの不備を直すのは私の仕事ではありません。見つけ次第会社側に連絡して、担当者に修正してもらうまで仕事をストップすることになります。
ただ、あまりにそういう事が多いと、私の仕事も進まなくなる。それも困るさー。

仕方がないので、手元で簡単に直せるものは勝手に直して、後で間違いないか担当者に確認してもらうなど、柔軟に対応するようにしています。

しかし、仕事のデーターの不備は本来は会社側のミスなので、いちいち細かく指摘するのも忘れない。私だって、ただ働きが多いと困るのだ。

しかし直らない(怒)
(´◉◞౪◟◉)直るどころか増える一方だよね~(怒)

先日などは、商品のデーターページに対して、商品の型番が一つ抜け落ち、次のページに記載されるべき型番が記載されていた。
そのため、多くのデーターページに対して型番がひとつずつ前にズレたまま記載され、最後にデーターページがひとつつ余ってしまった状態でファイルが届いていたのですね。先方がきちんと手順に沿った作業を行えば絶対に気づくミスなのにさ。

私はデーターページに記載されている型番と照らし合わせて順番に文章を書いていきますから、
最後まで書き上げた後に、まだ一つだけ書いていない商品ページが残っていることに気づくワケです。

あれれ?
ページが型番&資料とズレてるよ?
おかしいぞ。

(´◉◞౪◟◉)オレ、真っ青よ?

(/・ω・)/どっこいしょ

自分が間違えているのか、どこの何が抜け落ちているのか確認作業を始め、型番を数え、資料を数え、画像を数え・・・。
イライラしながら確認して、型番の抜け落ちを見つけ、データーページの型番を書き換え、文章を書き替え・・・、といった確認作業と修正作業で2時間以上費やしました。

もちろん、この2時間以上もの作業は0円です。
私の仕事ではありません(怒)

もう、これは「間違いを指摘する」という穏やかな手段ではいられない(怒)

(´◉◞౪◟◉)ハ、腹の虫がおさまらねぇよぅ

そんなわけで、私は原稿を提出する際に担当者に本気でクレームをつけました。
大人が本気のクレームです。私は他にも仕事を抱えているから、いちいちこんなことに時間をとられていてはたまらない。

結局のところ
担当の方からは「すみませんでした、今後確認作業を徹底します」という連絡をいただきましたけど、

(´◉◞౪◟◉)私の2時間の作業代はもらえないようです(怒)

ドタドタ(地団駄)

以上、ボヤッキー四門が仕事についてボヤきました。

今は文章を書くと言っても、パソコンが主体です。
ペンは仕事用というより嗜好品に近い存在になりましたね。

モンブランの万年筆も素敵ですが、アンティーク・スタイルの文房具といえば、こういった付けペンもカッコいいですね。ガラスペンは特にお薦めです。
ペンの好きな方、絵を描く・カリグラフィーをされている方へのプレゼントにも最適ですよ。