大人のホワイトフレンチインテリア ロマンチックスタイルならモビリグランデで探そう

このカテゴリーでは、アンティークスタイルな商品を扱うネットショップをご紹介しています。

大人のホワイトフレンチスタイル モビリグランデ

モダンスタイルから、クラシック、ヴィンテージ、ナチュラルインテリアまで、照明やソファ、テーブル、チェアなどの家具・インテリアを中心に取り扱っています。

ホワイトフレンチスタイルのインテリア家具も充実しています。
特にこちらのお店の商品参考画像はどれもこれも美しいので、夢と憧れで胸を膨らませてご覧ください。眺めているだけでインテリアやディスプレイの参考になりそうですよ。

なおこちらで扱うアンティークスタイルの家具は全て現行品です。

トップページはこちらのアイコンからどうぞ。

家具の分類が探しづらいので、ホワイトフレンチの家具探したくてもうまく見つけられない方は、トップページ上のモビルグランデのロゴの下に設置された検索キーワードに「フランス家具」または「ホワイト家具」と入力してください。一発で見つかります。

大人ロマンチックなホワイトフレンチインテリア

カントリーサイドの風を感じるような美しい家具。
ロマンチックで甘い、夢のような雰囲気に憧れます。

白い壁はもちろん、ロココスタイルの美しいブルーグレーの壁にも良く似合いますね。

引き出しの引き手が黒く、大人っぽいのがこちらの家具の特徴です。つまり、白に黒を合わせるのが品の良い大人フレンチのポイント。

家具の全て白いデザインは、こどもっぽい+やりすぎ感があります。正直言えばイタいです。
家具選びに迷ったらアクセントとして黒のはいった家具を選ぶと間違いないです。

下は、黒い引手が美しいデザインになったチェストです。

フローリング、タイル、レンガ、カーペットまで。
カントリーサイドに良く似合う家具は、どんな床材と合わせても間違いありません。

エイジングが施されたフレンチ家具は「やわらかい白さ」が特徴で、シャビーシックなインテリアにも良く似合います。

チェストにはガラスのキャンドルスタンドやルームランプを組み合わせると素敵ですよ。

アンティークに合わせたいスイートランプ テーブルランプ・フロアランプ
ランプは手元を照らすもの。 昼間のように明るく電気で照らし出す必要が無いなら、夜は夜の灯りを楽しめばいいと思う。 アンティークなインテリアに挑戦してみたけれど、何かが違う、何か足りない、という方は、テーブルランプやフロアランプを取り入れてみてはいかがだろう。
クラシック キャンドルスタンド 魅せるアンティーク雑貨
アンティーク雑貨の中でもとりわけエレガントな雰囲気を演出できる、女性に人気の高い雑貨の一つです。キャンドルの後ろに鏡を置けば、鏡にもキャンドルの灯りが写り込んで人目を惹く洗練された演出ができると思います。

イギリスのクラシカルな家具はオークなど深いアンティークブラウンが今でも主流ですが、部屋に並べると若干暗く、重くなりがちなのが残念。フレンチスタイルの白い家具はそういった重さを感じさせないのが良いところです。
ただ、白い家具は気を付けないと安っぽく見えてしまいがちなので、きちんとしたデザイン・クオリティーにこだわることが大事です。

少し、貴婦人のような気分に浸れるベッドも美しいですね。
夢見る年頃のお嬢様にもお薦めです。

ベッドカバーにはブルーとグレーの濃淡で合わせたパッチワーク(非売品)がディスプレイしてあります。このようにカーテンやインテリアカラーと合わせたファブリックでカバー類を手作りするのも楽しいですね。フランスのカントリーサイドのやわらかな雰囲気をご自宅で楽しめます。

画像ではベッドに華奢なシャンデリアが合わせて素敵な配置になっていますが、実際にはシャンデリアはベッドに重ならないように配置してください。
なお、モビリグランデでは美しいシャンデリアも販売されています。購入される家具のイメージに合わせたサイズの美しい照明を探すことができます。

シャンデリアについてはこちらの記事でもご紹介しています。あわせてご覧ください。

欲しいのはプチシャンデリア 煌めくシャンデリアは小さめサイズで楽しもう!
シャンデリア。 僕からしてみたら「華麗にしてゴージャスな豪邸の照明」というイメージしかないですけど、皆さんはいかがでしょう。 憧れる...

白くロマンチックな家具に合わせるインテリアと雑貨

ホワイトフレンチスタイルには、基本的にカラフルな色を合わせないほうが良いでしょう。
白、グレー、黒をベースに、ブルーグレーや、やわらかなベージュピンクなどを差し色として使います。「姫系」「シャビーシック」で統一するなら暖色系より寒色系がお薦めです。

例えばベッドサイドに置く時計なら、クールなシルバーが合わせやすい。

おかしいな、フレンチスタイルで探していたのにLONDONってなってる(笑)

アンティークなスタイルのスクエア型がオシャレですね。シックな雰囲気に良く似合うローマ数字が美しい。

椅子や家具を合わせる。

一番最初にご紹介したライティングデスクは白い椅子が合わせてありますが、白に白であわせた白いだけのインテリアは明るすぎて落ち着かない。特に、目が疲れます。

私はカラーコーディネーターの資格も持っていますけど、カラーコーディネートとしては通常、白が多いところには暗い色を合わせてトーンダウンさせます。

こちらの家具はシャビーな加工をしてあるので、白もオフホワイトやアイボリーに近い色あいです。
そういった場合ベージュ系~ブラウンのウッドカラーを合わせるのが最も美しい組み合わせになります。

今回ご紹介した家具には黒い引手が付けられているので、ベージュではなくてアンティークブラウン~ブラックにかけての椅子を合わせるとインテリアが引き締まります。

こちらはベントウッドチェアです。
白いインテリアに配置すると美しい陰影をつくりだします。

ベントウッドチェアというのは曲げ加工が施された木を組み合わせて作られていて、丈夫で軽いのが魅力です。

背もたれなどに竹のような彫刻が施されているこちらの椅子は、ベントウッドチェアの中ではバンブータイプというものになります。アンティークなスタイルに良く似合うデザインです。

ベントウッドチェアはアンティークから現行品まで様々に販売されていますので、お好みの椅子を探してみるのも楽しいですよ。

たまに、このような美しい形のものもアンティークでは見かけます。
(こちらの椅子は売り切れています)

椅子をブラウンにすれば、白い家具に組み合わせて使うキャビネットも同系色のブラウン系で合わせることができ、統一感を出すことができます。

ウッド系の椅子とキャビネットを組み合わせても良く似合うのは、ホワイト家具がカントリースタイルだからこそ。

こちらもダークなブラウンが明るい白の中で美しい陰影を作っています。

まとめ

大人の白いフレンチインテリアは、陰影を美しくするブラックやブラウンを取り入れて作るのがポイントです。(シャビーシックなスタイルはブラウンを合わせないことが多いです)

モビルグランデでは、色味をそろえたソファやダイニングセットも多く扱っていて、部屋だけでなく家全体で統一感のあるインテリアを演出することができます。
トップページはこちらのアイコンからどうぞ。

素敵な家具との出会いがあると良いですね。

以上、大人のロマンチックスタイルをかなえるホワイトフレンチ家具と、ネットショップ「モビルグランデ」を四門がご紹介しました。