アンティークの仕事はそんなにロマンチックじゃなかった話

アンティークと言うと、素晴らしい値打ちがあって、高額になるけど、実は掘り出し物で・・・みたいな印象もいまだにあるらしい。
そして、目利きのバイヤーなるものが海外の古い田舎家や蚤の市のようなところに出没して価値ある掘り出し物をあれよあれよと探し出して買い付けている、という印象もあるらしい。

ちがいます。まぁ、そんなのは古美術商の世界。

私はアンティーク屋の雇われライターをしているが、「アンティーク」といっても日本で言うところの「骨董」とは全くジャンルが違うみたい。
私が仕事で扱うアンティークはだいたい生活の中の家具・道具だったりするので、花瓶とか椅子とか、頑張れば誰でも買えるような庶民的なものが多い。

そもそも買い付けだって、目利きのバイヤーが暗躍(?)するわけじゃないし。
今日はそんな話をしてみようと思います。

アンティークの買い付け裏話

※本文と画像に関連はありません

ネットや店舗で一般層に向けて手広く販売しているようなアンティークショップの場合、バイヤーの買い出しといえば、たいていアンティークディーラーから買い求めることが多いそうだ。

ディーラーは日本人好みのデザインのアンティークを集めてまとめ売りする。
そしてバイヤーは自分の店(お客さん)の趣向にあった物をまとめ買いする。

新春福袋よろしく、箱売りされている物を箱買いしてくるのである。(たぶんお得)

なので、一般的に想像されるようないわゆる「掘り出し物」的なものは今は無い。
むしろ掘り出し物を1点1点探しながら買い求めていたら、仕入れがまにあわない。それじゃぁ、お店が潰れてしまうでしょ。

だから、ひと箱いくらでいくつかのコンテナを定期的に買い付けてくる。
箱買いといっても、家具屋なら家具が中心だし、食器屋なら食器が中心になるんだって。
専門分野によって買い付けてくるものは違うし、専門が違えば買い付け先も違うのが手広くやってるアンティークショップの買い付け方法。(もちろん違う買い付けもあると聞く)

バイヤーは専門知識もあるし情報通でもあるんだろうけど、その知識は輸入業者のそれであって骨董商のような「目利き」とは少しジャンルが違うようだ。

まぁ、個人経営のアンティークショップでは、フランスならフランスのあちこちの店でいろいろ買い付けてくる店主もいるだろう。
そういった場合でも、実はアンティーク業者専用の買い出し専門店で買い付けていたりする。仮にも専門業者が普通の人がお土産買いに立ち寄るような店では買わないよね、普通。

アンティークショップで客寄せに書いているブログでは「蚤の市で…」とか「通りかかった田舎町で偶然…」という、ロマンチックな話が並んでいたりする。

素人用のお店で買うなんて、おかしいな。

読んでいる女性が憧れるようなシチュエーションで仕入れてきたという、その素敵なアンティーク物語をあなたは信用しますか? それでは丸腰も同様、簡単に販売誘導されてしまいますよ。

まぁ、そんなワケで、アンティークの買い付けのほとんどは、一般的に思われているほどロマンチックではないようです。

たとえば『バイヤーが田舎町に行って直接買い付けてきました』という話が仕事ででた場合、たいてい「カントリーサイド専門のアンティーク業者から買い付けてきたもの」だと、自動変換していい。こういう仕事をしているとそんなふうに話の裏を見て心がスレてくる。

そんなこんなで買い付けたアンティークは、専門業者に委託して船に載せて運んでもらうのである。箱にぎゅうぎゅうに詰めるだけ詰め込まれたアンティークたちは船で海を渡り、東洋の果ての日本まではるばるやってくる。一説によると業者にはテトリスのように隙間なく荷物を積み上げる技を持ったヤツがいるらしい。

さて、荷揚げしたからといって、すぐにお店に並ぶわけではない。そこから色々な書面上の手続きをしたり、コンテナを運んで、アンティークのキズや汚れを目立たないように工場・工房でキレイに直し、初めて店に並ぶのである。

ここまでに、そんなにドラマチックな出会いは無いと思う。正直言えば輸入された商品は中古だし、キズもあれば汚れもある。

ここでやっと私に仕事が回ってくる。
アンティークに素敵な文章を仕立てて、ネットショップを覗くお客さんの目の前にぶら下げるのが私の仕事。アンティークの素人の私が、もっと素人のお客さんにアンティークを紹介する文章を書く。うわー、素敵。

どこをどう見てもロマンのかけらもない流通を通ってやってくる中古のキズ物商品のはずなのに、なんだかアンティークと言うだけでロマンチックなような気がする。

アンティークに憧れる主婦はスマホでアンティークを探すのね。そしてドラマチックな出会いを確信してアンティークをクリックして買えば、玄関まで配達されるのである。

う~ん、やっぱりアンティークの仕事はちっともロマンチックじゃない。