チェストは生涯これ一つで。 クラシックなカントリーチェスト

アンティークを扱う仕事をしていて避けて通れないのが椅子とチェストです。
椅子については今後少しずつ紹介していくことにして、本日はチェストをご紹介していきたいと思います。

※以下、画像をクリックすると商品の詳細ページが開きます。

チェストは生涯これ一つで。
ヨーロピアンクラシックなカントリーチェスト

ヨーロッパのアンティーク家具は非常に重厚で、時代や所有していたクラスによってはこってりとした装飾が施されており、まさにデコラティブ。
重厚さと華麗な装飾が魅力ではありますが、店舗の什器としても使われるほど大きく重い家具も多いです。背が高く大きい家具は室内空間に占める割合が多く圧迫感すら感じさせるため、一般的な日本の住宅には取り入れづらいアイテムだと僕は思います。

その点、チェストは軽やかで使いやすい。アンティーク独特の重厚さを存分に楽しめるうえ、小さな部屋・コーナーに配置してもさまになりやすいです。

しかし、確かにマホガニーが使われているような木目が美しく華麗なチェストはクラシカルで素敵ですが、その高級感がかえって仇となることもあります。

若い世代には重厚な雰囲気と古典的デザインが古臭く感じられたり、他の家具や我々の生活スタイルから浮いてしまい、インテリアを台無しにしてしまうこともあるのですね。

明るい部屋、無垢のフローリング。ナチュラルな生活スタイルが好まれる現代の日本の生活に取り入れるなら、アンティークな面影を残しつつ、少々カントリースタイルのはいったレトロなチェストがいいと思います。

カラフルなのに和風の部屋に置いても馴染むようなアンティークのチェストはなかなか見つかりません。引き出しの持ち手や脚元のカーヴィングにクラシックなスタイルを継承しつつ、モダンなストライプや色を組み合わせた引き出しに新しさを感じる、良いチェストだと思います。

ナチュラルな家にこそ遊び心のあるチェストを

いまどきの無垢材を使ったナチュラルな家というのは、だいたい無垢材の色に合わせたインテリアになります。明るいベージュから濃いブラウンまでの濃淡に白い布を組み合わせたような単純な色の使い方が多くみられ、素朴さとナチュラルさを好む若い女性が取り入れるテンプレートなインテリアカラーとなっています。

カラーコーディネートからいえば、ここに差し色を入れていかねばなりませんが、こういったテンプレートなインテリアを好む女性は色遊びが上手ではないことが多いです。

シャビーなブリキやアイアン、白、ブラウン、そして籐のカゴやガラスといった、同じトーンのものを選ぶのでインテリアがぼやけていくのですね。確かに癒されるかもしれませんが、いつも何かが足りない。だからそれを満たすために新しい流行に飛びついていき、インテリアのスタイルが定まらないのです。

差し色といっても目立つ色(赤とか)を入れればいい、という単純なモノでもありません。
家そのものの雰囲気に合わせ、他のインテリアに上手に馴染ませてこそ、大人の洗練されたクラシックスタイルが出来上がるわけですね。

このシリーズのチェストは補色(反対色)の組み合わせが素晴らしいですね。引き出しの形も凝っているうえに使われている材質もいい。

インテリアのアイポイントとしての機能を活かす

ベージュやブラウンなどのナチュラルなトーンでまとめたナチュラルインテリアなら、色を使ったキャビネットが良いアイポイントになってくれると思います。

今どきの対面型キッチンは広い空間を演出できるものの、リビングもキッチンも丸見えになることが多いですね。
人は綺麗だと思うものに視線がいくものです。脳は綺麗だと思ったものだけを見るようにできているからです。こういった脳の性質を活かして、ベージュ系の中で目立つ色のチェストを視線の先に置くことでアイポイントとなり、乱雑な部分が見えない様に人の視線を誘導することが可能になります。

雑貨でアイポイントを作る方も多いですけど、インテリアは小さなものより大きなものから決めていきます。フレームを作ることが大事なのです。

インテリアは家の雰囲気に似合った家具を配置することから始まる。

お洒落なインテリアというのは雑貨がオシャレなのではなく、家にあったいい家具を選び、最適な場所に配置しているからオシャレなんです。
雑貨ばかり買い漁っているような人の家はたいてい流行中の雑貨と流行が去った雑貨とガラクタでいっぱいになっているはず。安い雑貨は流行が去ればゴミでしかないですから。
まずは家の雰囲気に合う家具を選び、それを基準にして雑貨を選んでいくことをお薦めします。

  1. 家と生活スタイルを基準に家具を決める。
  2. 家具を基準に雑貨を選ぶ。

人は家具の値段に見合ったものを飾りたくなるものです。良い家具を選べば、今まで持っていた安い雑貨を配置すると雑貨がみすぼらしく感じるはず。自分が今まで良いと思っていた雑貨がいかに貧相なものだったか、自分の選ぶ目がいかに貧しかったか、その時に気づくと思います。そうやって、少しずつ目が肥え、物を見る感度が洗練されていくんです。

こういった小さなチェストなら可愛らしいですね。子供部屋にもよく似合います。本物は長く大事に使うことできちんとアンティークになります。
アンティークを買うというのは間違いない本物を時間と一緒に買っているのです。本物を買ってアンティークにするなら、あなたの家族の時間を家具に刻むことができるでしょう。

アジアン家具チーク材インドネシア家具輸入雑貨の格安インテリアショップ『ギギliving』

本日ご紹介したチェストは『ギギliving』で扱っています。

アイコンをクリックするとお店のサイトが開きます。

マホガニーやオーク材を使った良い家具を手頃な価格で扱っています。なかなか見た目の良いアジアン家具もありますので、シノワズリのお好きな方にもお薦めです。
家具としては手ごろな値段なので人気があり、品切れになることも多いですが、気に入った家具が品切れになってしまっていても再製作されることがありますから問い合わせてみましょう。

以上四門がご紹介しました。