アンティーク家具、どのワックスでお手入れすればいいの?

アンティークの家具を触ったことはありますか?
しっとりと手に馴染む艶、深い色と優しい表情が時代の余韻を伝えてくれます。これらは昔ながらのワックスを使って手入れされ磨き上げられています。今日は、アンティーク家具の塗装についてやワックスの選び方・種類・お手入れなどについて、ウレタン塗装と比較しながら簡単にご紹介していきます。現行品に限らず、アンティークテーブルでも中古販売業者がウレタン塗装を施してしまうことは多いですからね。

ワックスを使ってお手入れすることにより、家具が新品の時より美しく深い艶を持つだけでなく、一生手放さないで使いたくなる愛着も生まれます。

アンティーク家具、どのワックスでお手入れすればいいの?

アンティーク家具のお手入れ目次

  1. 塗装の内容と種類
  2. ワックスの内容と種類
  3. ワックスでのお手入れ方法
  4. ウレタン塗装の家具について

1.塗装の内容と種類

アンティーク家具といっても使用される材料は様々です。今回は一般的になじみ深いオーク材を前提にお話ししていきます。

アンティーク家具とワックス

西洋のアンティーク家具は、通常いくつかの種類の木を組み合わせて作られています。
表部分はオーク材やマホガニー材を豪華に使い、中身は別の木材を使ったり、家具の裏側はベニヤのような薄い板等が張られていることが多いです。

また、椅子の場合は背もたれの部分はブナ材、座面はエルム材、脚は・・・といった具合に、昔ながらの物は数種類の木材を組み合わせて作られています。

複数の木材を組み合わせた場合、時間が経つにつれ木材本来の色合いに変化しますので、一つの家具としての色味がバラバラというか、ちぐはぐになってしまいやすい。なので、スティンなどの塗料を塗って(例えばブラウン色など)色を整えます。その上でポリッシュ等で仕上げていくのです。

木は乾燥すると割れたりねじれたり、家具としても脆くなりますので、ワックスで丁寧に磨いて木肌を保護していました。ワックスで定期的に磨くことで、より深い色艶がでて、しっとりと手に馴染み、新品の時よりも風格と美しさを増していくのです。

当時は現在のようにウレタン塗装なんてものが無かった時代ですから、家具の手入れと保護のために蜜蝋が主成分のワックスが使われていました。なので、現在販売されているアンティーク家具は蜜蝋のワックスで研かれているものがほとんどです。蜜蝋は熱に弱く溶けてしまいますので、アンティークのテーブルに熱いコーヒーのはいったマグカップを置けば、たちまち跡がついてしまうのはこのためです。

さらにチェストやキャビネット等の家具の場合、『ポリッシュ』と呼ばれるアルコール系塗料(シェラック)で、幾重にも重ねて深みのある美色に仕上げていきます。こういった仕上げの物は木の本来の風合いや経年変化を余すところなく楽しめますが、化粧品や水でもすぐに輪ジミができてしまいます。

使用の際にはクロスをかけたり、コースターやプレートの上にコップやお皿を置いたり、丁寧に扱う必要があります。これを「面倒」と思う方はアンティークは「見るだけ」にしておいたほうが良いでしょう。

現代の家具とウレタン・ラッカー塗装

一方、現在作られている家具は「オイルフィニッシュ」と呼ばれるものでもない限り、ウレタン塗装またはラッカー塗装が施されている場合も多いです。
あの松本民芸家具もラッカー塗装でしあげられています。

ウレタン樹脂塗装

ウレタン(樹脂)塗装の場合、科学的に硬化させます。
熱にも水にも強く耐熱性耐水性に優れ、一旦塗装をほどこせば長期間手入れをしなくても傷つきにくく天板を美しく艶やかな新品の状態で強力に保護します。

しかしながら木材そのものの手触りは樹脂で加工されているのと一緒ですから木の本来の手触りは楽しめません。
さらに、工場でウレタン塗装を施されたようなテーブルの場合、耐久性があるとはいえども約30年ほどで寿命を迎えてしまうと言われています。
キズは目立ち、キズから表面が欠けていき、ウレタン塗装の場合、一度劣化が始まるとすぐに汚くなってしまうのです。
手をかけ時間をかけ、新品より一層美しく、100年経っても売り買いされるアンティーク家具には育たないものが多いと言われています。

なお、ウレタン塗装は木材内部まで染みつき、工場で塗装されたウレタン塗装の家具場合は素人では剥離するのが難しく、無理に剥離するとまだらになり、木材を痛めて家具の寿命も短くしてしまいます。

ただ、『ダメになったら捨てて新しいものに買い替える』という価値観や、どれを買っても同じ品質基準を満たさないといけないという事情、そして、子どもがやんちゃですぐに家具やテーブルを傷つけて困るから、手入れの時間がないから、などの理由から、忙しい現代の社会の中では傷に強く手入れのいらないウレタン塗装というものは大変使い勝手が良いのも事実です。

どちらを選ぶかは持ち主の使用頻度と価値観にもよります。

ラッカー塗装

ラッカー塗装の場合、ウレタン塗装と比べて塗膜が薄く木の質感を残したい家具に使われます。ウレタン塗装より若干強度は落ちますが、オイルフィニッシュのものよりも耐水性に優れながら木の質感を楽しめます。(漆もラッカーの一種です)

以上の内容によりクラシック家具やこだわりの家具を作る工房で好まれて使用されています。(一部のアンティーク家具にも施されている場合があります)

家具工房や楽器工房でラッカー塗装をする場合、薄い膜を何枚も重ねるため非常に手間暇がかかります。なので、かなり高級な家具や楽器を中心に施されているのが現状です。
(ラッカー塗装は薄い膜を何枚も重ねることでウレタンと同様の効果が得られるという説もあります)

長く使うことで、ラッカー塗装は光と化学反応を起こし、なんともいえない美しい飴色に変化していきます。これを経年劣化とも呼びますが、味わい深い色合いのため、この変化を好む人も多いです。なお、ラッカー塗装は時間をかけて乾燥・硬化していくため、最終的に衝撃に非常に弱くなり、ひび割れを起こすことになります。

また、ゴム製品と長時間接触していると溶けて変色・変質しますし、マニュキュアを落とすために使う除光液のような薬品が触れるのもNGですので気を付けなければいけません。

2.ワックスの内容と種類

アンティーク家具では、蜜蝋を主体とした昔ながらのワックスを使うことが多いです。
現在では蜜蝋だけでなくロウで代用したアンティーク家具用ワックスもあります。どちらも効果は同じですし、プロでもない限り「蜜蝋」にこだわることはないと思います。

また、白木の家具には白木専用のワックスを塗るようにしましょう。白木はオイルが染み込みやすく、専用のワックスを使わないと仕上がりがまだらになり汚く見えてしまうこともあります。必ず目立たないところで試し塗りしてから作業に入ります。

ワックスの天然素材信仰はやめたほうがいい

ダイニングテーブルだし、口に入るかもしれないから天然素材だけのものを使いたい!と、天然素材にこだわる方もいらっしゃいますが、天然素材だから良いワックスというわけではありません。硬すぎたり、ベトベトしやすかったり、満足のいく仕上がりにならなかったり。

天然素材信仰の中で盲目的に天然素材だけのワックスを選ぶのではなく、総合的に使いやすさと仕上がり具合を考えるのもワックス選びの重要なポイントです。

ワックスは匂いが強烈なものに注意

ワックスの場合、含まれている油特有の匂いが強い製品もなかには含まれます。
これは手入れをしている間中ずっと匂ってくるワケですから、作業中は強烈な匂いを我慢しなければなりません。
また、塗った後も匂いが取れるわけではありませんから、匂いが馴染むまでの間、長期間生活の中で匂いを我慢していくことになります。

その匂いが嫌いか好きかは人によって違いますけど、嫌いな方は手入れ自体が億劫になってしまいますので、ホームセンターで匂いを確認したり、ネットでレビューを確認して選んでください。手入れのしやすさを考えると、匂いが少ないものを選ぶのがベストです。

色付きのワックスは劇的に色がつくわけではない

オーク色やマホガニー色など、ワックスでは無色だけでなく色付きのものも多く販売されています。これは家具が乾燥したり、長い時間生活の様々な環境にさらされることで色が白っぽくなっていった家具を本来の色に近づける目的で使うのに有効です。

無垢の木材にこの色付きワックスを塗ってみても、劇的に色がつくわけでもなく、想像以上に淡く薄い仕上がりになってしまうことも多いものです。

ワックス使用の目的は、基本的に家具を美しく保護するためのものです。色を付けるために使うのでは使用用途が異なりますね。色を付けたい場合は希望の色のスティンを塗ってから無色のワックスを上から塗って磨いて仕上げるような形になります。

3.ワックスでのお手入れ方法

普段から乾拭きなどしてキレイにしている家具であれば、ワックスをかける前の「汚れふき取り作業」などの手順等はいらないと思います。ホコリを落としてすぐにワックスを塗り、乾いたウエス(布)で磨くだけでOKです。色褪せが気にならなければ透明タイプで十分です。

使い方については各ワックスによってばらつきがありますので、手入れ前に使用方法を確認しましょう。アンティーク家具用のワックスは、塗ってから20分ほど放置して、乾いた布で磨いて艶を出すようになっている物が多いと思います。

ワックスを塗る際には食器を洗うスポンジを使うといいでしょう。スポンジはワックスの伸びが良く、早く均一に塗ることが可能で、作業の手間を軽減してくれます。
※プロのレストアラーもスポンジを使うことが多いです。

また、長年物置に放り込まれていて白濁化したものをワックスで磨きたい、ひどい汚れ・キズがある場合には前もって専用のクリーナーやスティンで仕上げてからワックスをかけたほうが良いと思います。

キズを目立たなくする

似たような色のオイルスティンで着色してからワックスをかけるのが有効です。
一度に塗らず、少しずつ塗って色が浮かないように気をつけます。なので少しずつ色を重ねて周囲の色と同じ色になるように加減するのがポイントとなります。
100円ショップでも売っている絵具用の筆を使うと細かい部分が塗りやすいです。

なお、ウレタン塗装のモノについたキズへの着色では、スティンを弾くことがありますので注意してください。

シミの場合は、やすりで優しくなでて目立たなくしてからワックスをかけます。

長期間放置されていて、ひどく乾いていてガサガサの家具の場合は、まず汚れを落とし、必要ならやすりで肌をなめらかにしてから、色を塗る、もしくはオイルで仕上げる、という作業になると思います。オイルが木の中に染み込むことで木を乾燥から守ります。
無垢材用の保護オイルはこちら

ワックスを使う際の注意事項あれこれ

なお、ワックスはウレタン塗装の家具の手入れにはむきません。ベタベタしてしまいますし、そもそもウレタン塗装は手入れが必用ありませんから。

ロウが主成分なので通常の気温ではかなり硬いです。夏は若干ゆるくなりますが、冬場は使いやすくするために少し温めてから使ったほうがいいでしょう。

ワックスが温めるとゆるくなる、ということは同時に熱に弱いということです。先ほども申し上げた通り、ワックス仕上げのテーブルに熱いカップを直置きするとすぐに跡が残ります。ただ、これもワックスをかけ直すことで目立たなくなります。目立つ場合は優しくやすりをかけて周囲と馴染ませてからワックスを塗るといいでしょう。

ワックスは摩耗に弱いので、すこしずつ剥げていきます。3か月から半年に一度はワックスをかけ直す必要があります。
※アンティークの場合は頻繁な手入れが必用です。手入れもアンティーク家具の一部として楽しめる方でないと続きません。

『家具を保護する』といっても、ウレタン製と違い硬化しないので傷つきやすいのもワックス仕上げの特徴です。

こういったワックスのかけ直しは手間がかかりますが、何年も使い込むことで少しずつ艶が増し、より深い色合いに変化し、大変美しい家具へと育ちます。キズもまた、風格を感じさせるものとして感じられるはずです。

大切な家具に初めてワックスをかける際には、必ず目立たないところで試し塗りして、変色がないか確認してください。

4.ウレタン塗装された家具について

ウレタンは便利ですが、アンティーク家具では問題が発生することもあります。

通常、アンティークショップではレストアラーと呼ばれる修復家が、アンティーク家具をあるべき姿に修復する場合は昔ながらのシェラックで仕上げ、ワックスで艶をだします。
しかしながらアンティーク屋でも修理屋(リペアラー)が手入れをする場合、お店の方針で修理を施す次いでにウレタン塗装をしてしまうことがあります。

これはなぜかといいますと、現代の便利なウレタン塗装に慣れたお客さんが「お宅の店のテーブルはすぐにコップの後がつく、キズがすぐについて悪いものをつかまされた」といったクレームをつけることが多いから。アンティークを知らない方がアンティークを買うとこのようなことに陥ってしまいます。

こういった煩雑なクレームを避けて、見栄えよく傷を隠すならウレタン塗装が一番です。私は一度、このウレタン塗装された家具をつかまされました(←悔しい)

それが悪いとか、そういうことではありません。
レストアラーとリペアラーでは立ち位置が違うのです。つまりアンティークに求めるものが違うのです。

しかし、やはり年月が経つと汚くなってしまうのがウレタン塗装の悲しいところ。
こまめな手入れで艶が深くなり細かいキズも思い出深い飴色になるポリッシュとは違い、ウレタン塗装はキズが汚くなりただ古くなっていくだけです。持ち主としては長い年月をともに過ごし愛着を持っているだけに、この変化はかなり悲しい。
しかも変色した部分をヤスリで軽くさすってからスティンを塗ろうとしたら、染み込んだウレタンにスティンが弾かれてしまいますし、修理や手入れは一般家庭では容易ではないと思います。

なので家具が汚くて傷つきやすいからといって安易にウレタン塗装を施してしまうと後悔しますのでメリットデメリットをよく考えて検討してください。

ちなみにウレタン塗装・ラッカー塗装の上からでも使えると言われるワックスもあります。

こちらはギターの手入れのときにも使うワックスで、固形ワックスに比べ非常にやわらかいのが特徴です。塗装面にも使えるということなので僕も購入して現在自宅の家具に使っています。

香りはオレンジの良い香りです。
一応汚れ落としも兼ねたワックスなので、ひどい汚れでない限りこのワックスだけで手入れが可能なんですね。こちらは湯せんしてトロトロに溶かして使うようになっています。
このワックスはオイル成分が木部に染み込むことで、木部の乾燥を内側からも保護します。そのため、仕上がりは若干濃くなる傾向があります。(ウレタン・ラッカー塗装面には染み込みません)

また、固形ワックスに比べると塗りやすいですが、強い艶出しにはむきません。しっとりと艶が出る程度です。

僕はだいぶ傷んだ小さなダイニングテーブルに塗ってみました。

塗った感想としては、少ししっとりした、良い感じの手触りになるんです。
しかし、やはり新品にはベタベタするかな、と思います。よって新品のウレタン塗装製品には使わないほうが良いと思います。(そもそも必要ないし)

ラッカー塗装の場合、目立たないところで変色が無いかどうか必ず試してからお使いください。基本的にギターはラッカー塗装をされいてますので、その手入れ用のワックスですから問題はないと思いますが、ラッカー塗装はウレタン塗装より繊細なので、始めて使用する際には試し塗りする用心深さが必要です。

強い艶を出したいなら絶対固形ワックスがお薦めです。
しかしやわらかいワックスのほうが固形ワックスよりも扱いやすく、手入れも楽にたのしくなりますので、アンティークに限らず家具全般にHOWARD Feed-N-WAX(フィーデンワックス)を僕はお薦めします。

以上四門がワックスをご紹介しました。