濃厚なマホガニーを味わい尽くす アンティークな家具たち

マホガニー材は高級家具の材料として有名です。
赤みを帯びた優雅な色合いが大変魅力的ですが、すこし装飾がこってりしすぎかなぁ~とも思います。
正直、マホガニー材を使った家具の華麗な装飾と重厚な雰囲気は、ナチュラルやミニマムを好む若い世代には少しインテリアに合わせづらい難しいアイテムかもしれない。

しかし、モダンでシンプルな家、古い日本家屋に一つ、マホガニーの家具が置いてあったら美しいアクセントになり、とても素敵だろうな、とも思います。

今日はアクセントになる素敵なマホガニー家具をご紹介します。クラシカルな家具で、アンティークな雰囲気を楽しんでください。

※以下、画像をクリックすると商品の詳細ページが開きます。

濃厚なマホガニーを味わい尽くす

コンソールテーブルなどどこにでも置ける小さ目のテーブルは、コンパクトながら存在感も抜群です。クラシカルな装飾がアンティークと間違えてしまうほどの雰囲気を作り出し、落ち着いて洗練されたデザインが素敵ですね。

マホガニー材の家具を選ぶなら、できれば脚の形に凝ったモノを選びたいですね。
ゴージャスな装飾が無くても家具の脚が凝っていると非常に高級感を感じます。誰が見ても綺麗だなぁと感じる、スタンダードを選ぶのが一番良い選択です。

上の4段チェストはアンティークと並べても全く見劣りしない、良い雰囲気の家具です。
画像からも木目が美しく見え、また華美な装飾が無いクラシックスタイルで、インテリアに合わせやすいのがいい。

ご覧になってお分かりだと思うのですが、色あいが深くて濃いので、慣れない方が大きな家具をたくさん揃えるのはお薦めしません。日本の住宅で濃厚な家具を楽しむなら「ちょっと」の匙加減が大事です。

特にマホガニーの家具は大きい家具を配置したり、数を揃えて配置すると部屋が暗くなりやすく雰囲気も重くなりますので、小さ目のチェストやテーブルでインテリアのアクセントとして配置するといいでしょう。

華やかな装飾と独特の重厚さ。濃厚でまろやかなマホガニーは、サイズが小さくても美しく艶やか。輝くような強い存在感を放ちます。

マホガニーの魅力をたっぷりと味わえるのは、大人の贅沢だと思う。
自分だけの優しい時間を美しくしてくれるマホガニーのテーブルは、一粒の宝石のよう。小ぶりのサイズだからこそ、たっぷりの装飾を施されたものを選んで楽しみたい。

コーヒーテーブル、ティーテーブルはもちろんのこと、お裁縫に、読書に。
長く長く時間を経て、より美しく深く風合いを増していくのは本物の証です。

本物をそばに置いて毎日眺め、毎日使うことで、本物の良さのわかる目を養うこともできます。そういった意味でも、一度は本物を手元に置いて味わってほしいと思います。

コンソールテーブルは、デスクやサイドテーブルとしての実用も兼ねていて使い勝手がいい。特に、小さな引き出しがついていてデスクとしても十分な仕様になっているものなら、パソコンやデスクワーク等ちょっとした作業用テーブルとして使うのもいいでしょう。
また、女性なら美しいカッティングの施されたミラーを置いてドレッサーとして使うのも素敵だと思います。

クラシックミラーの魅力
アンティークミラーはサイズ感が大きく設置する場所や壁を選ぶので、湿気の多い場所、小さな場所や自分一人のスペースに配置するのであればクラシックミラーが使いやすいと思います。設置したい場所、使用目的によって上手に使い分けてみてください

ドレッサーとして使うなら洒落た小さなスツールも置きましょう。女性は、ご自分が美しいと思う物だけに囲まれて、美しい時間を過ごす時間が必要ですから。

スツールはインテリアのピリ辛スパイス
スツールといってもお裁縫用、ピアノ用、もしくは女性のためのエレガントなスツールから、いかつい大男が酒を飲むときに腰掛けるパブスツールまで、アンティークショップでは様々な種類のスツールを扱っています。

コンソールテーブルをサイドテーブルとして壁際で使用されるなら、壁にピッタリと配置できる形を選ぶのもいいでしょう。

フラワーアレンジメントを飾るのに相応しい、ちょうど良いサイズのコンソールテーブルです。ベッドサイドに置いて使うのもいいと思いますよ。

コンソールというのは「何にでも使える、便利な」という意味あいを持っています。
使い方次第で様々なシーンに合わせて便利に活用できる小さめのテーブルのことを指して「コンソールテーブル」と呼びます。

クラシカルな形とロココ調の艶やかな彫刻が印象に残りますが、サイズも大きくなく圧迫感がないため使いやすい家具です。

マホガニーの重厚さに負けないお宅であれば、若干大き目の家具を置いても素敵ですね。
小さい家具と違い、格調高い雰囲気を存分に楽しめます。

大切なご衣裳を入れるのにピッタリの、オシャレなチェストです。
引き手のデザインも凝っていますが、引き出しの中まで丁寧に仕上げられていることにあなたは驚くはずです。

脚の高さもちょうど良いですね。
床暖房のフローリングでは、結露で家具や壁・床を傷めないためにも家具と床の間にそれなりの空間が必要です。

僕がインテリア上級者にぜひお薦めしたいアイテムがブックシェルフ(本棚)です。

アンティークのブックシェルフを仕事で扱っている僕が、画像を見て本物のアンティークと一瞬見間違えました。

背板があまりに綺麗なので新品なのだと気が付きましたが、とても雰囲気の良いクラシック家具だと思います。激しいデコレーションが無いのでマホガニーの美しさを存分に堪能できると思います。大きいサイズの家具はシンプルなほうが目にうるさくない。
ただシンプルといっても、このシェルフは全体的にやわらかなカーブを描き、非常に品よく美しいですね。引き出しの持ち手も全体の雰囲気によく合っています。

ブックシェルフではありますけど、本だけでなくコレクション棚としてアンティーク雑貨を飾っても素敵だと思います。
大きめサイズの家具を配置すると、家具の濃い色が空間を占めることになります。シェルフに並べるものは明るめの色あいにしたり、並べる家具の色あいを考慮しないと室内が暗く沈みがちになってしまう傾向がありますので注意してください。

明るさと軽やかさを演出するなら、一番上からグリーンを垂らすのも女性好みの使い方なんじゃないでしょうか。

アンティークと一緒に飾るグリーンは、敢えてフェイクで楽しんでほしい
いつまでも枯れずに、みずみずしいグリーンを楽しめるのがフェイクグリーンの良いところ。グリーンはインテリアとの相性が良く、アンティーク雑貨にも良く似合います。室内にやわらかな雰囲気をもたらしてくれるので、ぜひともグリーンをインテリアに取り入れてほしいと思っています。

なお、マホガニーについては以下のページで詳しく説明しています。よろしかったらこちらもご覧ください。

高級家具材、マホガニーって何? マホガニーのウソ・ホント
マホガニーって「高級家具」というイメージの割に、比較的庶民的な価格の家具にもマホガニー製が多いよね、という疑問。そもそもマホガニーの何が高級なんでしょう?というところから調べているうちに、マホガニーの面白い素性が見えてきました。

以上、四門が濃厚なマホガニーの家具をご紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする