キャンドルランタンの魅力 ジャンクを楽しむアンティーク調デザイン

晩夏から晩秋、そしてクリスマス頃まで。夜の庭を楽しむのもいいものです。
暖かくて過ごしやすい夜は庭のテーブルで軽くお酒を飲んだり、晩秋は少し寒いから女性はショールを羽織って、静かに夜のとばりの降りる庭を眺めたり。
都会のマンションならベランダから夜景を眺めるのも素敵ですね。

そんな夜はランタンでキャンドルを灯しましょう。
静かな夜にやわらかな炎の揺らめきが心を癒します。

※以下、画像をクリックすると商品の詳細ページが開きます。

キャンドルランタンの魅力
ジャンクを楽しむアンティーク調デザイン

アンティーク調、ヴィンテージ調のデザインはガーデン雑貨でも人気があります。
火を灯さなくても軒先に下げておくだけでなんとなくオシャレですよね。夏なら実用を兼ねて虫よけキャンドルを入れて灯してみてください。ちょっとステキな夜になりますから。

基本的にインテリアの延長上にありますから好みのランタンを使えばいいと思うのですが、僕はキャンドルランタンなら海外の映画にでてくるようなアンティーク調の洒落た黒っぽいものが好きです。外の周囲の雰囲気を邪魔せず、自然に景色に溶け込んでしまうランタンが気に入っています。
春の新緑、燃えるような夏の緑、秋の静かな紅葉にも似合いますが、アンティーク調の黒いランタンは枯れた冬の庭とも相性が抜群です。ぜひ洒落た大人のジャンクアイテムとして手元に置いて、夜の庭を楽しんでみてください。

ちなみにフレンチスタイルがお好きな方はホワイト系のランタンがお薦めです。

こういったホワイト系のランタンはフレンチスタイルがお好きな方にピッタリだと思います。
正直言えば、僕目線でのホワイト系は少しロマンチックすぎる感じがします。甘すぎて「いかにもスイート」感が鼻についてしまうと洗練されたスタイルとは言えません。
特に真っ白で新しいランタンは可愛いだけでわざとらしく、趣が足りないような気がするんですよ。すぐに汚くなるし、汚くなったら安っぽさが目立つし。

ホワイト系ならわざとらしくない程度にアンティーク調の加工がほどこされていて、シャビーな面持ちのあるものを選ぶとさまになります。ブリキなどのジャンクアイテムとも相性が良いですね。

キャンドルランタンを使う際の注意

雑貨として販売されているキャンドルランタンはインテリア性が強いので、使う際には安全に注意してください。
キャンドルランタンはキャンドルを灯しますから、上部から熱い空気が抜けていきます。
そのため高さの無いランタンは木や建材にランタンのリングを直接引っかけてキャンドルを灯すと、キャンドルの熱が直接あたって木や建材を焦がしてしまいます。
チェーンを用いて熱い空気があたって焦げない程度の長さに吊るすか、キャンドルを使用するときはテーブルや棚などに置いて楽しんでくださいね。

グリーンを入れても楽しめる室内で使いたいランタン

シャビーでジャンクなランタンは基本的に屋外で使ってほしいアイテムです。
室内では大人の観賞の目線に十分耐えられるような、美しいランタンをインテリアとして選んだほうが、よりエレガントでしょう。
サイズが大きなランタンなら、より凝ったデザインもお薦めです。こういった大型のランタンはグリーンが鉢ごと入りますので、観葉植物用の温室として使用しても素敵です

トルコ製のエキゾチックなランタンはヨーロッパのアンティークとも和のインテリアとも大変相性の良い優れたインテリアです。
もともと大理石やタイルの貼られた広い床に直置きするランタンですが、日本の和風の家にも似合いそうです。古民家の土間、玄関の三和土(たたき)やエントランスに置いて、キャンドルをたくさん並べ入れて火を灯せば洒脱で見ごたえがあります。フローリングなどに置くなら金属のプレートを敷き、その上に載せましょう。

こういったランタンは通常はホヤの無いオイルランプを中に置いて楽しみます。
キャンドルはロウの処理に失敗すれば、ロウがこびりついて結構苦労します。そういったことが気になるような方は、ランタンのサイズにもよりますがオイルランプを使うと手軽で便利だと思います。

ホヤのある、昔ながらのオイルランプについては以下のサイトを参考にしてください。

アンティークな魅力を楽しめるオイルランプ クラシックランプ物語
小学生の頃、父は誕生日プレゼントにオイルランプを買ってくれた。 当時、オイルランプは売っていたけど中に入れる専用のオイルは手に入らなかった...

ガラスの容器の中でグリーンを楽しむテラリウム。その容器としても今人気のランタンがホルムガードのランタンです。
中に専用の砂をいれて植物を入れ、箱庭のようにグリーンを楽しみます。キャンドルを入れる部分がグリーンを垂らしたり手を入れたりするのにちょうどいいみたいで、雑誌でもテラリウムの容器として紹介されています。

( ゚Д゚)まあ、本当はキャンドルランタン・ホルダーなんですけど。

ホルムガードのランタンは、飾り気の無いシンプルなガラスのランタンでありながら大胆なデザインがモダンです。ガーデンファニチャーだけでなく和のインテリアにも、アンティークなインテリアにも良く似合います。ただ、ゴシックやロココ調がお好きな方には合わないかもしれません。僕は好きですけど。

ランタンのサイズは3サイズあります。小さいものはテーブルや棚に置き、大きいものは足元に直置きしたり低い棚の上に置くとバランスがいいです。玄関やウッドデッキに置いてもいいですね。※ウッドデッキやフローリングに直置きする場合は念のためテラコッタやレンガのタイルを置いたり、金属や陶磁器の受け皿(お盆)コルクの鍋敷きを置いてください。

クリアとフロストとありますので、サイズを変えてフロストとクリアを混ぜながら3~4点揃えると大変見栄えがします。
レザーの持ち手がついていますが、火をつけた状態ではキャンドルの熱が直接上まであがってきますので大変熱い思いをすると思います。危険ですので基本的に火を付けたら持ち歩いてはいけません。

ランタンではないのですが、アンティークともグリーンともよく似合うガラスのハンギングポットを最後にご紹介します。

グリーンをたのしむガーデニングアイテムとしても時々雑誌で紹介されているガラスポットです。

10年以上前の北欧の雑誌を確認したら、もともとはキャンドルを灯して釣り下げていたようで、ガラスにキャンドルの灯りがキラキラと反射するのをインテリアとして楽しんでいる様子が紹介されていました。
そんなに高価なものでもないので3個ほど一緒に釣り下げてシャンデリアのように煌めくのを眺めてもいいんじゃないかな、と思います。

キャンドルスタンドについては以下のサイトでご紹介しています。合わせてご覧ください。

クラシック キャンドルスタンド 魅せるアンティーク雑貨
アンティーク雑貨の中でもとりわけエレガントな雰囲気を演出できる、女性に人気の高い雑貨の一つです。キャンドルの後ろに鏡を置けば、鏡にもキャンドルの灯りが写り込んで人目を惹く洗練された演出ができると思います。

ガラスのハンギングポットはクラシカルな印象なのでコンサバトリーやガゼボなどにも似合うと思います。

ちなみに、キャンドルだけでなくガラスポットの中に水や専用の砂を入れてグリーンや花を飾るのも素敵ですよ。ただ、高いところから釣り下げるならフェイクグリーンを使うといいでしょう。質感の良いフェイクグリーンなら本物のように楽しめて、こまめな手入れなどの手間がありません。

アンティークと一緒に飾るグリーンは、敢えてフェイクで楽しんでほしい
いつまでも枯れずに、みずみずしいグリーンを楽しめるのがフェイクグリーンの良いところ。グリーンはインテリアとの相性が良く、アンティーク雑貨にも良く似合います。室内にやわらかな雰囲気をもたらしてくれるので、ぜひともグリーンをインテリアに取り入れてほしいと思っています。

灯りは夜を愉しむためにあります。

以上、四門がご紹介しました。